初心者のためのFX自動売買

情報を集めて知っておくことで、今すぐでなくても、始めたいタイミングですぐにできる知識をもっておきましょう。

FX口座開設ができれば

もしFX口座開設が完了したのであれば、実際の取引へと移っていく事になります。しかし、FX口座開設ができれば、次に行う事があります。それはFX口座開設を行った口座に入金する作業が必要になってきます。

FX口座開設をするのは比較的容易に感じられるかもしれません。しかし、FX口座開設ができ、取引を実際に行っていくとなると、やはりそれなりにリスクも付きまとう事になります。

時には取り返しが付かない様な大変な事になるという事も考えられます。すでに大金を費やしてから後悔しても遅いので、始める前にしっかりと計画を立てて、考える事が大事ではないかと思います。調子が良くてもリスクを忘れない様にしたいですね。

FXにおけるトレーダーのパターン

トレーダーには大きく分けて3種類のタイプがあります。

一つがスキャルピング。1分足や5分足を使ってトレードする手法で、一瞬の上がり下がりを狙ってトレードするものです。1日に10回以上のトレードを行う方も多く、損益率は低めに設定している方が多いです。

次がスイングトレード。これはスキャルピングの真逆で長期保有を目的としています。場合によっては1週間程度ポジションを持つこともあります。

最後が二つの間となるデイトレードです。FXにはトレーダーごとに様々なパターンがあり、自分にあった手法でできるのが大きな魅力です。FXで勝てる要因は己の明確なルールを持っていること。

自分にあったパターンを見つけて上手にトレードしてください。

FX口座開設について 米ドル

FXで最もメジャーな通貨は、おそらく米ドルでしょう。FX口座開設の際にも、最も目にする通貨だと思います。

【特徴】
アメリカ合衆国で使われている通貨です。アメリカは世界一の経済大国であるため、米ドルの流通量・取引量は他の通貨に比べて多いです。そのため、他の通貨よりも低いスプレッドで取引できます。また、価値が急変するリスクも小さく、FX初心者に向いている通貨です。FX口座開設後、最初に取引する通貨として最適でしょう。

【デメリット】
アメリカの政策金利は途上国・新興国と比べて低いため、得られるスワップポイント(金利)は少なめです。また、一獲千金のチャンスも少ないです。

FX口座開設 取扱通貨について

FX口座開設をする際に、気になるのはどのような通貨を取引できるかです。メジャーの「米ドル」「ユーロ」、先進国ながら比較的高いスワップポイントが得られる「豪ドル」「ニュージーランドドル」などは、ほぼ全ての口座で取引できますが、「トルコリラ」「南アフリカランド」などは取引できないこと場合もあります。

また、同一通貨であっても、スワップポイント(毎日付与される金利のようなもの)やスプレッド(手数料のようなもの)に差があります。口座によっては、外貨同士の取引(米ドルを売ってユーロを買うなど)を行えるものもあります。FX口座開設の際には、これらの点にも気をつけましょう。

FX口座開設にマイナンバーが必須となった

FX口座開設で新規に行う場合、マイナンバーの提出が必須となりました。あくまでもFX会社は金融機関となっているので、FX口座開設にはマイナンバーを提示しなければならないわけです。

主な理由としては、FXでの取引で利益を得た場合には、それが税金の対象となるわけですから、それを税務署に報告するために必要となるのです。基本的には、FX口座開設時に本人確認書類を提出することになりますが、その際に併せて送ることになります。メールやアップロードであれば、所要時間は数分で済みますから、そちらを利用するのが便利でしょう。

FX口座開設の関連記事

マイクロスコープやFX初心者の口座開設のコンテンツを増やしていきます。

マイクロスコープやFX初心者のFX口座開設以外のお問い合わせはこちら